つみたてNISA・はじめての投資

つみたてNISAから投資をスタートさせたいけれど、何から始めればいいかわからないあなたのためのサイト!

投資の基礎知識 雑記

日銀短観(企業短期経済観測調査)7月1日経済日記

投稿日:

日銀短観tankan

日銀短観8時50分発表 7月1日朝の経済

お早うございます!さわやかな朝ですね。30日の米株式相場は続伸しました。コロナ拡大は懸念があり、米中問題もまだ解決過渡期でありながらも、市場予想を上回る中国PMIなどが支えとなりました。S&P500は、1998年以来大幅上昇。そして、金は1,800ドル台を付けました。

画像2

ダウ平均 25,812.88 + 217.08 +0.85%
S&P500種 3,100.29 + 47.05 +1.54%
NASDAQ総合 10,058.76 + 184.61 +1.87%

相変わらずのIT・ハイテク株に人気が集まっています。マイクロソフト、インテルなど強いです。ただし、今後は、今は日の目を見ていない企業にも注目すると良いでしょう。徐々にそういう銘柄にも触れたいと思います。

画像3

今日の日経平均は、昨日の米国株式を受けて上昇で始まるでしょう!日経平均先物の値は、22,315円です。

日銀短観に注目

画像1

今日は日銀短観の発表があります。

今日は、この日銀短観について簡単に触れたいと思います。

日銀短観とは?

日銀短観とは、その名の通り、日本銀行が、年4回(3月、6月、9月、12月)に企業にアンケートを行いその集計結果分析をもとに今の日本経済を観測します。

企業短期経済観測調査」を略して日銀短観といいます。

画像6

調査は、全国の大手企業、中小企業、製造業、非製造業などで分類して、1万社以上を対象に、業績や状況、設備投資の状況雇用などについて実績と今後の見通し調査します。
調査では全国の大手企業と中小企業、製造業と非製造業などで分けて、約1万社以上を対象に行います。

画像8

業績や状況設備投資の状況雇用などについて実績と今後の見通しを聞きます。

画像9

短観は回収率が高く、調査の翌月に公表(12月調査のみ当月に公表)されます。そのため、今日の発表は、5月に行われた調査に基づいています。

日銀短観・四半期大企業製造業業況判断は・・・

前回はー8、そして今回予想は₋31です。発表は8時50分です!!

相場が始まる前なので、この結果を見てのスタートとなるでしょう・・。

大企業製造業の数値を見ることがとても大切です。これはいわゆる、「日銀短観」を指しているものです。これだけ見ておけば十分です。

画像4

この結果は景気動向を占ううえで重要な経済指数となっています。

1983年~2020年の大手非製造業の日銀短観

1983年~2020年の大手非製造業の日銀短観の表です。大幅な落ち込みですね。

画像6

日銀短観・大企業全産業設備投資

大企業の全産業設備投資の発表もあります。これは、大企業すべての企業の設備投資です。参考までに添付します。前回1.8 1.3予想です。設備投資が増えますと、円が買われやすくなります。それだけ、円を使っているということになりますからね・・。

画像5

今日の8時50分に注目しましょう。

大手銀行だと、最低でも月1000円からの投資になる。これがネット証券なら、月100円からの投資可能!ネットからいつでも投資額変更が可能!また銀行・大手証券だと選べる商品数が3本~10本程度。これがネット証券だと100本以上から選べる!さらに年間の買い付け額40万円の枠をギリギリまで使えるネット証券あり!ネット証券によって「積立頻度(毎日・毎週・毎月)」「商品」「キャンペーン」「ポイント付与」が違うため、把握したうえでネット証券に申し込もう!

お問い合わせ

-投資の基礎知識, 雑記

Copyright© つみたてNISA・はじめての投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.