ネット証券 ネット証券ランキング 比較

つみたてNISA口座開設キャンペーン★SBI証券★楽天証券★マネックス証券★松井証券★比較

更新日:

証券会社でNISA口座を開設した時、どのようなキャンペーンがあるのかを見てみました。

まずは、NISA口座を開設した場合のキャンペーン、それに加え今後どのような特典があるのかをお調べし比較してみました。

SBI証券会社のつみたてNISAキャンペーン

SBI証券の場合 つみたてNISAキャンペーンというのがあります。

ただし全員ではなく抽選で2,000円が2,000名です。つみたてNISAの口座開設&入金・振替されたお客さまの中から抽選で2,000名に2,000円をプレゼントします。
金融機関変更による口座開設や、NISAからつみたてNISAへの勘定変更も対象となりますので、この機会にお申し込みください!
さらに、キャンペーン期間終了時点で「つみたてNISA」で積立設定をされていた場合、抽選口数を1口追加します!

期間中につみたて設定をすると当選確率が上がるみたいです。うーーーん微妙。

ただ、確かに、つみたてNISAは、有利な取引で、証券会社などはそれほど儲けがない。新規顧客獲得のためのキャンペーンということになる。ということに言えば、まあまあだとは思います。

ポイントつみたてサービス開始記念!キャンペーン

楽天証券 NISA口座開設は、抽選で2,000円を2,500名ポイントプレゼント

ということはSBI証券より500名ほど多いです。

マネックス証券のつみたてNISAキャンペーン

なし

松井証券のつみたてNISAキャンペーン

つみたてNISAのキャンペーンんではありませんが、TWitterのフォロー&投稿で当たる!ヘリコプター体験プレゼントキャンペーンといった、ユニークなキャンペーンがあります。

松井証券の新・Twitterのフォローアカウントをフォローして、ライフイベントの瞬間を切り取った写真、または動画を投稿した方の中から、抽選で20名にヘリコプターに乗れる50,500円相当の体験ギフトプレゼントします。

といった内容になります。

まとめ

キャンペーンを比較してみますと、当選人数だったり、ポイントや商品だったりといった違いがあります。

ホームページで確認しましょう。

大手銀行だと、最低でも月1000円からの投資になる。これがネット証券なら、月100円からの投資可能!ネットからいつでも投資額変更が可能!また銀行・大手証券だと選べる商品数が3本~10本程度。これがネット証券だと100本以上から選べる!さらに年間の買い付け額40万円の枠をギリギリまで使えるネット証券あり!ネット証券によって「積立頻度(毎日・毎週・毎月)」「商品」「キャンペーン」「ポイント付与」が違うため、把握したうえでネット証券に申し込もう!

-ネット証券, ネット証券ランキング, 比較

Copyright© つみたてNISA・はじめての投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.