楽天証券

つみたてNISAを楽天証券で開くわかりやすい手続きの流れ:パソコン編

更新日:

つみたてNISA口座を、楽天証券で開きたいと思っているあなた向けに書いています。

スマホ・パソコンを使って口座開設をする流れですが、非常に簡単です。

順番に見ていきましょう。

つみたてNISAをスマホで開く場合はこちらを参照⇒つみたてNISA口座開設スマホ編

事前に用意する書類について

まずその前に、事前に必要書類を用意しましょう。

マイナンバーカードが必要です。

ない場合以下でもOKです。

運転免許証、住民票、印鑑登録証明書、各種健康保険証、住民基本台帳カード、パスポート、在留カードなどです。

最後に必要になります。

ではスタートです。

はじめに、はじめてつみたてNISA口座を楽天証券で開くやり方

つみたてNISA口座の開設の仕方は非常に簡単です。

ここでは、つみたてNISAをするのに非常に人気のある証券会社、「楽天証券」を例にご説明をします。

口座開設は、非常に簡単です。

下記の3つの工程に分かれています。

1.口座開設をインターネットで申し込みをする。

2.楽天銀行の口座開設をする。

3.郵送で「口座開設完了の案内」が届き、完了。

この3工程です!

大体どこのネット証券でも同じです。

1、初めに楽天会員の方・楽天会員でない方どちらかのボタンをクリック

初めの画面です。楽天会員の人は、上のボタンを押してください。

楽天会員でない方は下のボタンを押してください。

次の画面にうつります。

楽天会員ではないのであれば是非入りましょう。

右上ボタンクリック

 

楽天会員の登録画面

メールアドレス・ユーザーID・パスワードなどを打ち込みます。

あなたの住所、電話番号を入力、その下に秘密の質問などがあります。

楽天会員規約/楽天スーパーポイント利用規約/楽天アフェリエイトパートナー規約

クリックしますと、画面になります。

というものに同意して次へのボタンをクリックします。

間違いがなければ、登録します。ここで会員登録が終わりました。

続けてサービスを利用するクリック

登録を完了させます。

口座開設画面

ここからが口座開設画面です。

お客様情報入力

まずお客様情報を入力します。お名前、性別、生年月日、ご住所、電話、メールアドレスなど入力します。

続けてサービスを利用するをクリックします。

納税方法の選択

今回取引をおこなうつみたてNISAには、あまり関係ありません。

しかしながら必要です。

初心者のあなたは迷わず、特定口座開設・源泉徴収ありで大丈夫です。

 

NISA口座選択

次がNISA口座の選択になります。

ここでつみたてNISAを選びます。

2、楽天銀行口座開設申込

楽天銀行口座の申し込みです。

これは、是非申し込みましょう。お得がいっぱいになります。

普通預金の金利が大手銀行の100倍の金利が付きます。それ以外にも作っておくと便利です。

iDeCo・FX・信用取引の申込画面

iDeCo・FX・信用取引の申し込み画面です。スルーして次画面に行きましょう。

確認画面

情報をすべて打ち込みする画面に変わりそれをすべて完了させると、確認画面が現れます。

修正も可能です。

重要事項への同意

ここで重要事項の確認があります。

電子交付などに関するご説明

総合証券取引約款

個人情報方針

反社会的勢力ではないことの表明・解約

同意します。

本人確認書類の提出

スマートフォン・パソコン・郵送で行う方法があります。

スマートフォンが一番簡単ではあると思いますが、ここでは、パソコンを選びます。

 

本人確認書類アップロード

上記で準備ておきました本人確認書類を実際アップロードします。やり方は非常に簡単です。

下記に、書類を載せてます。

このような感じで載せます。

総合口座の申込が完了

総合口座の申し込みが完了しました。となります。

2、楽天銀行の口座開設

続けてできるので便利ですね。

キャッシュカードを選ぶ

キャッシュカードは好きなものを選びましょう。

デビットカードがあったり、クレジット機能がついていたりします。

管理人は、JCBのカードにしました。

項目に沿って内容を埋めます

個人口座開設申込

内容を確認して申込情報に間違いがないかどうか、規定などに同意して申し込みましょう

ここで完了です。

3、後日郵送物が届きます

まとめ

ここまでで、つみたてNISA楽天証券で始める場合の手続きの流れをご記入させていただきました。

手続きをした感想としては、パソコンよりもスマートフォンのほうが比較的簡単ですね。

それと、これは主観ですが、SBI証券よりも簡単な気はしました。SBI証券も簡単ですが、微妙なところですが、インサイダー情報などを入力するやり方だったり、銀行の口座開設の順番だったりが楽だった気がします。

ただしこれは、主観なのでそこのところは、ご容赦いただければと思います。

大手銀行だと、最低でも月1000円からの投資になる。これがネット証券なら、月100円からの投資可能!ネットからいつでも投資額変更が可能!また銀行・大手証券だと選べる商品数が3本~10本程度。これがネット証券だと100本以上から選べる!さらに年間の買い付け額40万円の枠をギリギリまで使えるネット証券あり!ネット証券によって「積立頻度(毎日・毎週・毎月)」「商品」「キャンペーン」「ポイント付与」が違うため、把握したうえでネット証券に申し込もう!

お問い合わせ

-楽天証券

Copyright© つみたてNISA・はじめての投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.