つみたてNISA・はじめての投資

つみたてNISAから投資をスタートさせたいけれど、何から始めればいいかわからないあなたのためのサイト!

つみたてNISA 金額別投資

つみたてNISA投資で100円投資で1000万を作る方法!!

更新日:

「100円」から「つみたてNISA」で1000万の貯金が可能なんです。

「投資」というと今までは、非常にハードルが高いイメージがありました。

何百万も資金が必要なイメージです。

「やりたいけれどお金がないから・・・資金を貯めてからでないと・・」という人も多かったと思います。

しかしながら、やっと近しい存在になってきました。

2018年度にできた「つみたてNISA」がそれです。

しかも、100円からつみたて投資が可能なので、お金が手元になくても投資に参加できるのです。

100円でしたら、すぐに作れる資金ですね?

なんとそれだけで1000万円の貯蓄が可能なんです。

花子

100円で、投資をスタートできるの?だったら花子でもできそうだね!

バナナを少しだけ我慢して、始めてみようかな。

そうだよね、気軽に始めることができるんだよ。100円で1000万円ためるのは、銀行に預けるだけでは今は増えないんだよ。でも、つみたてNISA投資なら・・・増えていく可能性はあるよ。

100円でとりあえず「投資」をスタートさせて投資に参加をしてみましょう。

少し時間はかかりますが、、、、20年はかかる可能性があります!

ここでは、100円で、1000万円を目指すやり方をおつたえをします。

1、つみたて(積立)NISAのおさらい

その前に、簡単につみたてNISAの制度について簡単におさらいします。

つみたてNISAは、2014年度にスタートしたNISA口座の「つみたて版」です。

とても有利な制度です。

10万円投資をして2万円の利益を出しました。

受け取れるお金は、税金を差し引いた115937円です。

つみたてNISAの場合は、12万円丸ごと受け取れる制度です。

ただし条件があります。

日本に住む20歳以上の人

年間40万円まで

非課税の期間は20年間

商品は、金融庁があらかじめ選んだ投資信託の中から選ばなければならない。

日本に在住している、要するに税金払っている人だよね!

であれば買えます。

ただし有利な制度なので上限は決まっています。

年間40万円までしかダメ!

ただ期間は、20年間大丈夫です。

もしあなたが20歳なら、40歳になるまでOK!

商品はあらかじめ金融庁が選んだ「投資信託」です。

投資信託は、よくわからない人もいると思うので、次でさら~っと説明しますね。

2、つみたては、金融庁が決めた投資信託だけ。投資信託のおさらい

上記にも記載しましたが、つみたてNISAは、「投資信託」だけ買い付け可能なんです。

しかも日本に6000本ほどある投資信託の中から、

金融庁が「これは20年という長期投資に耐えられる投資信託だから投資をしてもOK!いいよ!」

とGOサインを出した商品だけ買い付け可能なんです。

2-1投資信託とは、どのようなものか?

投資信託とは、簡単に言うと、

「投資」を「信じて」「託する」ことです。

つまり、あなたがお金を託して、そのお金でプロが株式や債券などを買って投資をして運用を行うものです。

投資をするときは、どのような商品を、いつ、どれだけ購入するかをすべて自分で判断でおこなわないといけません。

ただ何を買っていいかわからないということがあると思います。

そこで、それらすべての判断をプロにお任せできる商品が投資信託ということになります。

また投資信託のいいところは、

あなたのような、たくさんの「投資家」から巨額の資金を集めますので、

一人一人は「100円」や「1万円」でもあなたが買えないような、幅広い銘柄をかえることになります。

いわゆる分散をして投資することができます。(分散投資)

たとえば「トヨタ自動車」の株式と、アメリカの「AMAZON」の株式を購入したいとします。両方の株式の合わせた金額が仮に10万円するとします。あなたは、100円しか持ち合わせがないので到底購入できません。それを「投資信託」という形で、100円出して間接的に持つことができます。

2-2、金融庁が選んだつみたて(積立)NISAで購入できる投資信託は、利益の仕組みが隠されている。

日本で購入できるそういった「投資信託」は、6000本ほどあるといわれています。

驚くほど多いですね。。

ただし、「つみたてNISA」で購入できる「投資信託」は、

金融庁が、ある規定をもうけて162本(2018.10現在)選んでくれています。

その規定は、「20年という長期の積立」「分散投資に適している」投資信託。

1、手数料は、かからない

2、運用するときにかかるコスト(信託報酬)が、安いもの

3、途中でその投資信託が、運用をやめることがないもの

4、分配金(配当のようなもの)が毎月ないもの

5、複雑で、特別な取引などを入れていない、シンプルなもの

上記は、「つみたてNISA」が6000本の中から158本選んだ規程です。

同じ投資信託でも、運用のコストなど安く抑えていたり、手数料はかからないものばかりです。

要するに、投資するあなたが損をしないような内容になっています。

運用コストは、結局利益に上乗せされるとご理解ください。

2-3、預貯金ではないので可能

ただし、

世界のいたるところの企業だったり、

日本の企業だったりに投資をするので、

日々上昇したり、下落したりはします。

あなたが投資をした

「100円」が、

「80円」になることもありますし、「120円」になることもあります。

それはその買った「投資信託」の運用状況によります。

ただし、

預貯金に100円を入れておいても今の金利水準では、

20年経っても「100円」は、「100円」で変わりません。

であれば、

「投資」を「信じて」「託する」ほうが良いといえます。

下の図は、金融庁のホームページから抜粋したものです。

1995年度から2015年までの定期預金、投資信託の推移です。

定期預金ですと、年率平均0.1%しか増えていません。

投資信託ですと(B、C)上げ下げはありますが、1.9%~4%は増えています。

引用:金融庁ホームページ

これは、過去の実績です。

どうでしょうか?「つみたてNISA」で100円投資したくなってきましたか?

3、100円で1000万円目指す方法

次に、100円で1,000万円をつくる方法を見ていきます。

3-1月100円で50%の利回りで20年積み立てをするとナント1001万円!

月100円で1000万円にするには、毎年年率50%の運用利回りということになります。

7年目で、48416円まで増えています。

複利なので資金が多くなるとそれだけ複利効果が出てはきます。

ただし、50%上昇する市場というのは、「投資信託」ですとなかなか難しいといえます。

なぜならば、

「投資信託」

自体が「分散投資」だからです。

たとえば、あなたが、A投信にお金を100円預けました。A投信は、トヨタ自動車とアマゾンを買っています。「トヨタ自動車」は、1年で100円が、150円になりました。利率計算すると50%ということになります。しかし、「アマゾン」は、1年で100円が50円になってしまいました。これはー50%ということになります。この「A投信」の実績は、年率0%ということになります。

ましてや、金融庁がおすすめの「つみたてNISA」採用銘柄は、4,000社だったり、8000社だったりをパッケージしているからです。

ドルコスト平均法という手法 リスクは下がる、リターンも下がる

市場は、ぶれるので安いところを買えるメリット高いところも購入することになります。

3-2毎日100円で20年で1000万円は可能?!

では、これを、毎日100円を営業日数分購入するとします。

 

100円×月の営業日数20日とします。=2,000円

月2,000円投資することになりますね。

毎日100円投資で20年間30%の利回りで運用しますと・・・20年で何と1,000万円可能です。

 

100円つみたてで1000万円30%の利回りで達成します!!

30%というとかなりハードルは下がります。

では、実際「つみたてNISA採用銘柄」の中に30%という驚異的利益を上げている投資信託があるのでしょうか????

もしあるとすれば、

その投資信託を、

毎日100円づつ購入すれば、

もしかすると20年後には、

1,000万になっている可能性はあるのではないでしょうか?

あったらいいですね・・・?

見ていきましょう。

4、何を買えば、年率30%?インデックス投信かアクティブ投信か?

何を買えば、年率30%のパフォーマンスを享受できるのでしょうか?

その前に、つみたてNISA採用銘柄・・・158本の投資信託は、インデックス投信とアクティブ投信というものがあります。

ここで、簡単にご説明しますと、インデックス投信は、指数に連動した利益を上げる投信。

アクティブ投信は、指数よりも高い利益を上げる投信のことです。

それだけお伝えすると、

「じゃあ、アクティブ投信のほうがいいよね?」ってなりますよね。

でも一概には言えないのです。

なぜなら、「インデックス投信」の実績のほうがいい場合もあるからです。

インデックス投信は、指数に連動する利益を上げるために、指数そのものを投資対象としています。

そのため、運用に手間がかかりません。機械的に、指数を買っていきます。

しかしながら、

「アクティブ投信」というものは、インデックス投信以上のパフォーマンスを上げないといけないので、、、

ファンドマネージャーなるものが、「トヨタの株式が上がりそうだから組み入れて・・日産は、下がりそうだから外して・・・」なんていうことをします。

そのため、それがずばり的中すれば、上昇しますが、ファンドマネージャーが、将来の市場を見誤ると値下がりしてしまうこともあります。

そうすると、指数どおりに買っているインデックスのほうが利益が出る可能性もあるのです。

しかも、ファンドマネージャーなるものが売ったり買ったりするので、

その人の人件費などかかり、

運用にかかるコストは、インデックス投信よりも高くなります。

インデックス投信は、基本的には、指数に連動する投資信託なので、利益は、インデックスの上昇率にかかってきます。

アクティブ投信は、その投信のファンドマネージャーにかかってきます。

管理人は、過去利益を上げているアクティブ投信を選ぶことをおススメします。

5、毎日100円で1,000万円を目指すというのであれば、リスクは大でもアクティブ投信

毎日100円で1,000万円を目指すというのであれば、リスクは大でもアクティブ投信に賭けましょう。

つみたてNISA採用銘柄の中でアクティブ投信は、わずか17本だけです。

その中でもおすすめは、「ひふみプラス」でしょう。

この投資信託は、日本の企業の株式に投資先を絞って運用を行っている投資信託です。

過去の利益率は、年率換算32.9%です!!

アクティブ投信は、そういう意味では、30%の利益率も可能ではあります。

引用:ひふみ月次レポート

5-1ひふみプラス

ここでひふみプラスという投資信託の内容を少しお伝えをします。

運用会社:レオスキャピタルワークス・・・独立系の運用会社です。運用者の顔がわかるので、投資家も安心です。

投資先:日本の企業に投資をします・・・一社一社業績などを調査して選定します。

運用方針・・守りながら増やすことを実践します。

引用:レオスキャピタルワークスホームページ

セミナーも、あります。「全国ありがとうキャラバン」とだいして、日本全国を回ります。

「投資家」と「運用者」が近いそんな投資信託です。

投資家も運用者もみんなで「日本企業を応援」そんな感じの「投資信託」です。

どうでしょうか?100円投資を始めたくなりましたか?

花子

100円投資頑張るよ。1000万円ためられるかはわからないけれど、とにかく始めないと何も変わらないからね。日本の企業も応援したいしね!

それは進歩だね。投資は、まず少ない金額で「試しに」始めることが大切だよ。無理をしてはいけないよ。明日のバナナが買えないくらいの投資は絶対やめてね!

6、毎日100円投資できるところは、ネット証券2社のみ

ただし、この100円投資ができるなおかつ毎日投資ができる証券会社は、限られています。

楽天証券、SBI証券のみです。

以下のところでしか、毎日100円投資はできません。

是非あなたも「100円つみたて投資」で20年後1,000万円を目指してみませんか?

花子

花子は、楽天証券にするよ!

7、まとめ

たかが100円、されど100円・・です。どうせポケットにあれば、飲み代や、飲食代に消えるこの100円。

 

であればその資金で、「100円」から「つみたてNISA」を目指してみましょう。

ここでは、「100円でつみたてNISAで1,000万円をめざすやり方をお伝えさせていただきました。

2018年度からスタートしたこの制度は、

利益に対して非課税で、採用された銘柄も手数料はなく、運用中のコストも安いものを選んでいます。しかも途中で償還になるものはありません

そのため安心して持てる投資信託ばかりです。

その中で過去に驚異的なパフォーマンスを出している「ひふみプラス」は、32.9%の利益を出しています。

そのため、毎日積み立てをすれば、目標である20年間1,000万円の目標は夢ではありません。

「ひふみプラス」は、日本の企業に投資をする「投資信託」になります。

あなたは、100円では、中々企業の株式を購入することはできません。

しかしながらこの「ひふみプラス」に投資をすることにより、間接的に「日本企業」の投資家になるわけです。

要するに、「日本企業を応援すること」になるわけです。

あなたの100円が、日本の企業の明日を発展に一躍かっているということになります。

あなたの飲み代に消えてしまうその「100円」で日本企業を応援してみてはいかがでしょうか?

応援をするには、まず楽天証券SBI証券に口座開設をする必要があります。

両方のホームページ、もしくは、当サイトを参照(楽天証券SBI証券)して、あなたに合う証券会社を選ぶといいでしょう。

*上記でご説明させていただきました運用成果は、すべて過去の実績で未来を約束するものではありません。

大手銀行だと、最低でも月1000円からの投資になる。これがネット証券なら、月100円からの投資可能!ネットからいつでも投資額変更が可能!また銀行・大手証券だと選べる商品数が3本~10本程度。これがネット証券だと100本以上から選べる!さらに年間の買い付け額40万円の枠をギリギリまで使えるネット証券あり!ネット証券によって「積立頻度(毎日・毎週・毎月)」「商品」「キャンペーン」「ポイント付与」が違うため、把握したうえでネット証券に申し込もう!

-つみたてNISA, 金額別投資

Copyright© つみたてNISA・はじめての投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.